米独立記念日(7月4日)にアメリカでISISのテロ攻撃があるそうです。

7月4日について、CIAがテロ攻撃がある可能性が高いことを示唆し、FBIは全米の民兵組織や愛国者団体に、テロから国を守るためにFBIに協力するよう要請しました。
7月4日(土曜日)…本当にテロ攻撃があるのでしょうか??全米の民兵や愛国者団体が集結し、全米を監視しISISのテロ攻撃を防ごうとしています。
しかし、もしISISによるテロ攻撃が起きたとしてもそれは偽旗攻撃です。米政府が仕組んだのでしょう。
7月4日(日本は5日)にアメリカで何が起きるのでしょうか。テロ作戦が失敗して何も起きない事を望みます。

<CIAが、7月4日にアメリカはテロ攻撃を受ける危険性があると発表!>
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/06/cia-announces-their-jade-helm-false-flag-for-july-4th-3177494.html
(概要)
6月29日付け

CIAが、ジェイドヘルム期間中の偽旗攻撃の可能性について発表しました。
アメリカ独立記念日の7月4日にテロ攻撃があるだろうとCIAが警告しました。
2013年に2基の核ミサイルがどこかに持ち出されましたが、それらがジェイドヘルムで使われることになるのでしょうか。しかし、米史上最大の(市街地での)軍事演習と言われているジェイドヘルムが開始される前にすでにアメリカ全域で軍事演習が行われています。どうやら、これらの軍事演習は米国民を攻撃するためのようです。

現在、アイオワ州では大量破壊兵器を使った軍事演習まで行われています。
アメリカでは以前から大規模な軍事演習が頻繁に行われてきました。
ジェイドヘルムのロゴマークをご覧ください。中央にサボタージュを示すもの描かれています。
ジェイドヘルムでは何がサボタージュされるのでしょうか。
さらにロゴマークには刀と弓矢が描かれています。弓矢は中心部が壊れています。3月13日に初めてジェイドヘルムに関する報道が行われました。
また、ジェイドヘルムは9月15日に終了すると報道されましたが、テキサス市議会には9月11日に終了すると伝えられたのです。

以下省略

<FBIが民兵や愛国者団体に国防の支援を要請しました。>
http://beforeitsnews.com/terrorism/2015/06/a-call-for-help-to-all-militia-and-patriots-by-the-fbi-2454082.html
 (概要)
6月29日付け:
FBIはアメリカの全民兵と愛国者団体に支援の要請を行いました。

警報! 全民兵、愛国者団体、OATHKEEPERへ、

午前9時に、私(民兵本部?の責任者)はFBIと連絡を取った後、アメリカの全民兵、愛国者団体に対し、7月4日の独立記念日にISISが偽旗テロ攻撃を起こす可能性が高いため、監視を強化し、その準備をしておくよう呼び掛けました。
テロ攻撃の脅威レベルは非常に高く、人々はインターネット上でのテロ活動やテロ集団の動きを監視する必要があります。どのようなことをすればよいか、その手順を以下に記します。
(私は既に愛国者団体や民兵のリーダーらと連絡を取りました。) 
1. 民兵のユニフォームを着てはならない。地味な格好をしていること。
 
2. 地元の保安官とFBIにいつでも電話連絡できるようにしておく。どこかで不審な動きがあったなら、必ず保安官に連絡し、次にFBIに連絡すること。ただ、対テロ作戦にはかかわらないこと。保安官やFBIが現場に到着するまで状況を監視しているだけでよい。 
3.テロ攻撃に直面したなら、武器を使って自己防衛をすること。

必ずグループで行動すること。そうすればテロを察知した際、必ず誰かが保安官やFBIに連絡できる。
 

今回、初めてFBIがアメリカの民兵や愛国者団体に国を守るための支援を要請しました。皆さん、愛国者として名誉と品位を持って活動してください。
 
これは我々全員にとっての踏み石になる可能性があります。個人的な感情は邪魔になります。チームワークで行動してください。
愛国者のみなさん、我々は全米の法執行機関と協力して、この国を守る使命が与えられました。
愛国者のみなさん、我々にはやるべきことがあります。 敬礼
 
 WRAM メンバーへ、
 
 当局から我々に正式な支援の要請が来ています。できる限り多くの愛国者が今回の重要なミッションに参加する必要があることを理解しなければなりません。
大至急、あらゆる手段でできる限り多くの仲間と連絡を取り、このメッセージを拡散してください。団結してあなたの力と我々の力を増強しましょう。

ダグ・ラムより
ファイヤーホーク責任者
WRAM(民兵本部?)
 
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ