ウォルマートとジェイドヘルムに関して 

アメリカの南西部でジェイドヘルムが実施されていますが、特に主要メディアでは、ニュースにはなっていません。複数のウォルマート店舗が閉鎖されていますが、どうやら、特殊な施設の準備をしているようです。
それらはFEMAキャンプと地下施設です。
ウォルマートの創設者はもちろんイルミナティの一員であり、ブッシュ家と親しい関係にあります。ウォルマートを創設した理由は、どうやら、奴隷労働によって安くて有害な食品を提供し、安さを売りモノにして消費者に有害な食品を食べさせることで、人々を弱体化させることのようです。NWOのアジェンダそのものです。
ウォルマート=NWOです。そしてジェイドヘルム期間中に複数の店舗が閉鎖されたということはジェイドヘルムと関連した怪しい施設を造っているのでしょう。本当に不気味としか言いようがありません。
日本では西友がウォルマートの子会社になりました。この近くには西友はありませんが、もしあったとしても声優では買い物はしたくないなあ。。。。

http://beforeitsnews.com/terrorism/2015/07/ade-helm-fema-camps-walmart-founder-sam-walton-truth-exposed-2454582.html
(概要)
7月30日:

アメリカにはブームタウン(新興都市)と呼ばれている街が存在します。
例えば、ウィスコンシン州のある街でも、毎日地下からブーンと言う音が響いており、住民の家を揺らしています。原因は分かっていません。

アメリカの辺ぴな地域で地下トンネルがいくつも建設されています。ブーンという音の原因はトンネルの建設が原因である可能性もあります。

これらのトンネルを建設する理由は分かっていません。
トンネルだけではありません。全米に建設されているウォルマートの建物も謎につつまれています。
地下トンネルとのネットワークの一部として建設されているのでしょう。

米軍兵士は、ジェイドヘルム15を戦争が起きた場合を想定した軍事演習と説明していますが、批評家の間では、ジェイドヘルムは戒厳令の準備であると言われています。

 
閉鎖されたオハイオ州スプリングデールのウォルマートや他の地域のウォルマートに関してです。
(1:29~)こちらは、スプリングデールのウォルマートの建物です。建物の周囲や屋上がワイヤーの柵で囲まれています。
(1:48~)こちらは○○(聞き取れませんでした。)のウォルマートの総合施設です。敷地内には地下施設があります。まるで軍事基地のようです。こちらにはミリタリースタイルの白い建物が並んでいます。まるでFEMAキャンプのようです。私はあの白い建物の中で働いていました。そこから地下トンネルに行くことができます。

9.11テロ事件後に、エリートらは、住民からの攻撃から逃れるために地下の掩蔽壕(地下の居住空間)を建設する必要があるとして、自分たちや家族のために(ウォルマートの敷地内に)地下施設を建設しました。ヘリコプターで地下施設の入口まで飛んで来ることができます。
地上には建物が殆どありません。施設は全て地下に建設されています。

複数のウォルマートが閉鎖された理由は配管工事を行うためであると伝えられていますが、人々はみな配管工事のために閉鎖されているのではない事を知っています。
ウォルマートの閉鎖は米政府が関与していることを多くの人たちが気が付き始めました。ウォルマートと複数の政府機関が合同で何らか準備を行っているのです。そのために米政府からは10億ドルの資金が投入されています。

中略

NWOのウォルマートは、我々の社会や文化の破壊を象徴する大企業です。彼らは、奴隷に作らせた商品、遺伝子組み換え食品、添加物まみれの有害食品を提供し、アメリカ全体を荒廃させました。それが彼らの策略なのです。
ウォルマートで販売されている商品は安くて低品質のものばかりです。それらの商品の80%が中国の奴隷工場で生産されたものです。中国の奴隷が商品を作り、アメリカの奴隷が商品を棚に陳列し、レジを担当します。
人々はウォルマートの安い商品を買えばお金が節約できるとする悪徳商法に騙されています。
ウォルマートは世界経済や労働力を破壊しています。ウォルマートこそ、NWOの企業なのです。ウォルマートを支配するウォルトン家はアメリカ一裕福な人たちです。彼らは、流血によって得たお金で生活しています。彼らはロンドン金融街やウォール街のエリートらと共同経営を行っています。

ウォルトン家は、米経済や世界経済を破壊することで世界一の富豪になりました。1962にウォルマートが創設されて以来、ロンドン金融街やウォール街のエリートらはウォルマートを資金面でサポートしてきました。ウォルマートの創設者(サム・ウォルトン)はサムズ・クラブも創設しました。サムズクラブでは、もちろん、彼は非常に尊敬されていました。サム・ウォルトンは米軍諜報機関のキャプテンを務めていました。そして彼はNWOのブッシュ家と親しい関係にあります。ウォルトン家は何年も前からブッシュ家を資金面でサポートし続けてきました。
1960年代にはパパブッシュがテレビでサム・ウォルトンを賞賛し、同時にNWOのアジェンダを推進しました。

コメントを残す

サブコンテンツ