「いい大根のような一日」(本年の御来館、誠にありがとうございました)

自分の手で、自分の
一日をつかむ。
新鮮な一日をつかむんだ。
スがはいっていない一日だ。
手にもってゆったりと重い
いい大根のような一日がいい。

―――長田 弘(詩人)

長田弘詩集『食卓一期一会』(晶文社、1987年)所収「ふろふきの食べかた」 より
―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ご来館の皆様、「将棋語録(言葉にこもる人生)」を贔屓(ひいき)にしていただき、ありがとうございます。
 いよいよ十二月三十一日となりました。
 どうか良いお年をお迎え下さい。

 さて、二〇一五年十二月三十日午後七時集計の十二月分入場者数・作品閲覧数(アクセス解析)のグラフを御覧いただきましょう。

 アクセス解析151230

 一日に二百から三百人の方が当館へ入場され、三本か四本の作品を鑑賞して退館するといったところが最近の動向でしょうか。
 開館(2015.2.5)以来の累計入場者数(UU)は六万二千七百人ほど、累計鑑賞作品数(PV)は二十万四千七百くらい。
 こういう数字が多いのか少ないのか、私には判りません。
 けれども、来て下さる方々には感謝の一言です。

 なお、本日の「語録」は「将棋語録」ではなく詩人の言葉です。
 皆々様の御健康を祈り、この言葉を以て二〇一五年の締め括りとさせていただきます。
 来年は、「いい大根のような一日」が過ごせますように。

コメントを残す

サブコンテンツ