日本は外国人労働者を大量に受け入れています。

ドイツでは昨年だけでも100万人以上のイスラム系偽難民が流入しましたが。。。日本でも昨年の外国人労働人口が90万人を越えました。彼らは母国に帰らずずっと日本で働き続け、家族を呼び寄せ、自分達のコミュニティを確立します。日本も立派な移民大国になりましたね。外国人労働者の受け入れを推進しているのが経団連と政府ですから、この動きは止まらないでしょう。将来が思いやられます。。。

http://nstimes.com/archives/46796.html

日本で働く外国人、過去最多 15年90.8万人  
 厚生労働省は29日、日本で働く外国人が2015年に90.8万人と前年より15%増えて、3年連続で過去最高を更新したと発表した。国籍ではトップの中国が32.3万人と同3%増えた。ベトナムが11万人で同80%増、フィリピンが10.7万人で同16%増だった。製造業や流通業など人手不足の現場を補っている。

 在留資格別にみると、留学生が19.2万人と31%増えた。政府が留学生を増やそうとしていることに加え、人手不足の会社で留学生の需要が高まっているためとみられる。技能実習生は16.8万人と同16%増えた。

コメントを残す

サブコンテンツ