米シオニストユダヤ人こそが大量移民(難民)受入れを推進しています。

ユダヤ人といってもユダヤ教に改宗しただけの成りすましユダヤ人のことですが。。。
彼らは移民であり国境を意識していません。しかもはっきりした祖国がありません。イスラエルが祖国なわけがありません。成りすましユダヤ人の祖国はイスラエルでもないし。。。

ということで、彼らは世界中の国境を取り外し世界を1つにして彼らが支配しやすいように世界を変えようとしています。そのために彼らが使っている手段が移民政策です。不法移民でも、犯罪者でもテロリストでも精神異常者でも病気感染者でも移民ならだれでもよいのです。とにかく、国境を破壊し国家の主権を取り去るために
移民を大量に流入させます。
彼らの最終目的は、シオニスト・ユダヤ人によるるNWOです。
ヨーロッパに大量の偽難民を流入させているのも、ソロスなどのシオニスト・ユダヤ人たちです。彼らはイスラム教徒を洗脳し操りながら世界中を混乱させようとしています。

http://tapnewswire.com/2016/02/zionist-jews-admit-that-mass-immigration-is-1-on-their-agenda/
(概要)
2月28日付け

シオニスト・ユダヤ人は大量移民受け入れが彼らのアジェンダだということを認めました。

(2015年10月のインタビュー)

益々多くのユダヤ人が白系アメリカ人を消滅させることが彼らの第一目標だということを認めています。

シオニストのユダヤ人にインタビュー:

質問:JCPA(Jewish council for public affair=直訳:ユダヤ(シオニスト)の公務評議会)の喫緊の課題は何ですか。

シオニスト:現時点では、我々のアジェンダを実現する上で最も重要な課題が2つあります。
1つは、不法移民受け入れに関する非常に重要な議論を展開することです。
特にアメリカ南部の国境から流入する不法移民らはアメリカで暮らすチャンスを与えられます。1300万人もの不法移民がアメリカで働いて暮らしています。彼らは母国に帰国しようとはしません。彼らは合法移民と同様にアメリカで暮らせるチャンスが与えられています。
不法移民受け入れを推進する議論は非常に重要です。移民として外国で暮らしていくことがどのようなものか我々ユダヤ人も知っています。アメリカは常に移民を歓迎してきました。
我々ユダヤ人がアメリカでユダヤの文明を構築したことは素晴らしいことです。従って、我々ユダヤ人はアメリカを移民大国にするプログラムを推進しています。我々はアメリカを移民大国にするために力を注ぎます。

2つ目は省略

コメントを残す

サブコンテンツ