震度階級は10だが最大震度は7 マグニチュードは地震規模 地震の基礎知識

地震報道で使われる地震の大きさを示すものは「震度」と「マグニチュード」ですね。この違いはだいたい理解しています。震度というのは震度計が計測した地表での揺れの度合いで、マグニチュードは地震そのものの規模を示すんですよね。
地表に居る私たちが体感する地震の程度は「震度」なので、気象庁では震度計で計測下数値をいくつかの段階に分けて、報道での震度の数値を寄り多くの人に伝わりやすくしています。
これまでににこの分け方が変更されているのですが、あらためて調べると、今更に「へぇえ!?そうだったの!」と感じました。

今回の熊本地震では震度7が2回起き、これは今までの地震学の常識では考えられない事だと言ってますよね。震度7ってどんだけすごいの?と思ったら、これが震度階級の最大階級なんですよ!
知らなかったぁ・・・。なぜか、無意識のうちに震度階級は10まであるのかと思い込んでいました。

以下、あらためて調べて理解したことです。
震度階級は(平成8年から)10階級になった。しかし、それは0から9まで、あるいは1から10ではなく、0から7までになっている。なぜこんなめんどくさいことになっているかというと、変更前までの階級と大きく変えてしまうと過去の地震の記録までもさかのぼって変更する必要があり、混乱を招くから、のようです。
なので、過去の地震の記録を残しつつ変更する、というややこしいことになって、その妙案として震度5と震度6を「弱」「強」の2段階にしてあるのです。

bousai_03

右端にあるガルというのは加速度の単位で、人間や建物にかかる瞬間的な力。気象庁の震度計は測定した加速度の揺れの周期などで補正し、震度をはじき出すそうです。
 ↓ 図は震度5弱・震度5強と震度6弱・震度6強をわかりやすく説明ものです。

bousai_02

これをみると「弱」と言う言葉のニュアンスが含まれると、「震度6弱」は「震度5強」よりちょっとだけ強い程度か、などという印象がありますが震度6弱といってもかなりの幅があります。

震度階級と体感、建物屋内外の被害状況などが図解でイメージしやすいものを捜しました。
検索するとさまざまな関連団体以上に各自治体が正確でわかりやすいページ作りに腐心しているのがよく分かりました。頼もしいですね。
こちらは総括的に地震の理解に役立つサイトです。
耐震ネット 地震オンライン講座 

これまで体験した最も強い地震は「震度5弱」でしたが、立っていられないというのは初めての体験で、パニックになり大きな不安に駆られました。
震度7はこれ以上ないレベルの地震ということ。熊本ではそれが2回も起き、それだけでなく震度6とか震度5が数分おきに数日続いたのですから、どんなにか怖かったことだろうと思います。
昨夜NHKで幼い子供がトラウマになっている様子が紹介されましたが、おとな、高齢者の方も表に出さないだけで同じかと思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ