ドイツ銀行が9月30日(日本では10月1日)に破たん?

以下の情報が正しいかどうかはわかりませんが。。。
ドイツ銀行をよく知る専門家が、ドイツ銀行は明日(日本時間10月1日)、破たんするそうです。
そしてメルケルはドイツ銀行を救済するつもりはなさそうです。
数週間前に、ドイツ政府がドイツ国民に向けて、食料、水、必需品の備蓄(少なくとも3週間分)を行うよう呼び掛けていたのは、このためだったのでしょうか。ドイツ銀行が破たんすると、ドイツは大混乱し、ユーロ圏も大混乱し、イギリスは前もってEUから逃げていますが、影響はヨーロッパだけでなくアメリカや日本にもおよび、全世界に影響を与えることになるでしょうね。
米政府も何やら怪しい準備をしていますが。。。米議会内部では、9月30日(アメリカ時間)に政府が財政難で再び閉鎖するなどと言われています。どうなるのでしょうかねえ。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/09/deutsche-bank-collapse-tomorrow-friday-9-30-2016-3418766.html
(概要)
9月29日付け

 

B4INREMOTE-aHR0cHM6Ly8zLmJwLmJsb2dzcG90LmNvbS8tbGFaZWJieklibW8vVi0xNkNpNWo4eEkvQUFBQUFBQUFRS1kvR0U2UW9tUEJjZWtlOENheFVKMmYtSWoyZUJsY1FEZVlnQ0xjQi9zMTYwMC9pbWFnZXNLVDBYRjU3VS5qcGc=

ドイツ銀行が明日(9月30日米時間)崩壊し、世界的な金融システムを崩壊させます。

ドイツ銀行のインサイダー(ババリアン・ファイナンス・センターのトップ)によると、ドイツ最大の銀行(ドイツ銀行)の問題はあまりにも深刻で、明日(9月30日米時間)、破たんすることになるでしょう。
ドイツ政府はドイツ銀行を救済するつもりはありません。
ドイツ銀行の破たんがアメリカや世界中の銀行に深刻な影響を与えることになります。
破たんを阻止することはもはや不可能な状況です。ドイツ銀行の破たんにより全てが一瞬で吹っ飛びます。
9月30日に金融が崩壊した後は死刑が宣告されたような状態になるでしょう。

さらに、既にドイツではドイツ銀行の預金者による取り付け騒ぎが起きています。しかし預金引き出しがスムーズにいかなくなっています。銀行側が意図的に引き出しを難しくしているのです。
例えば、昨日、ある預金者が2000ユーロを他銀行の口座へ送金しようとしましたが、ドイツ銀行は未だに送金を行っていません。

預金者がドイツ銀行に抗議をしたら、預金者の情報の確認に手間がかかっていると答えました。
そのため、預金者はドイツ銀行からお金を送金したり引き出すことができなくなっていると察知しました。


最新情報


ドイツでは
10月1日(ドイツ時間)からドイツの全ての銀行が閉鎖されるという情報が静かに広まっています。そして10月1日からATM、クレジットカード、デビッドカードが使えなくなります。再開は未定。
今日、欧州中央銀行のドラギ氏は、ドイツ銀行が大きな問題を抱えているのは自分のせいではないとし、ドイツ銀行について言及を拒否しました。
ドイツ銀行が危ないということでドイツではパニックが起きています。多くの人々が銀行から預金を引き出し、口座を閉鎖しています。ある男性は25000ユーロを他銀行の口座に送金する手続きを行いましたが、ドイツ銀行は彼にこの金額を本当に送金するのかなどの問い合わせをするなどして、いまだに送金を行っていません。

このような状況下で世界中の株式市場も激変しています。株価が暴落しつつあります。

コメントを残す

サブコンテンツ