欧州の金融リスクを意識したリスクオフ

おはようございます

【金融・為替】
米第2四半期のGDP確報値は前回+1.1%や事前予想の+1.3%を上回り、+1.4%に上方修正されてドル円は一時101円84銭まで上昇(円は下落)も、再び欧州でドイツ銀行の巨額賠償金支払いを巡る経営不安や、同行の決済口座を他行に移すヘッジファンドの動きが嫌気されて株価が下落して、原油高の付随するリスクオンから一転してオフに切り替わり現在101円05銭近辺に円買いが進行しています。ユーロは1.212ドルともみ合い継続し、対円113.3円に小反発しています。ユーロ圏の金融不安リスクが見直されると同時に、前日のOPECの減産合意にも懐疑的な見方が広がりダウは1万8143ドル(-195)に3日営業日ぶりに反落し、10年債利回りは1.557%に小幅低下しています。

【石油市況】
原油は前日の減産合意の余勢をかって続伸し47.83ドル(+0.78)に、ブレント相場も49.25ドル(+0.55)に続伸しています。決められないOPECが減産合意したことに対するOPECの結束力の復活との取らえられますが、一方で実際の減産割り当ては11月30日の総会まで持ち越されたことによる不透明感が残り、減産による価格上昇はロシアなどの非加盟国や、採算割れのシェール企業の掘削再開にも寄与することが考えられ、供給過剰のファンダメンタルを改善することは至難の業とも見られます。

【貴金属市況】
金は前日の続落基調から持ち直すも引き続きレンジ内保ち合いが続き1326.0ドル(+2.3)と小幅な反発にとどまっています。1300~1350ドルの保ち合い相場から抜け出すだけの背景に乏しく、今後もレンジ継続から新た材料出現を待つかたちとなっています。昨日の東京市場では4300円台に返り咲く場面が見られましたが、本日は円が買い戻されたことから円換算は4275円前後になります。

【穀物市況】
穀物市況は原油高や大豆の輸出検証高好感に大豆は反発、コーンも下げ止まり、小麦は続落するまちまちな展開となっています。ハーベストプレッシャーを意識する展開が続き、明日の四半期在庫も注目要因となっています。

コメントを残す

サブコンテンツ