FOMCに続き雇用統計

おはようございます

朝夕の冷え込みが厳しい日が続きますが、先週は富士山の初冠雪、さらに北日本からは紅葉狩りが様子が伝えられます。明日から11月に入るわけで当然といえば当然のこと、今日は10月最後の営業日、これから年末に向けて気ぜわしい日が続きそうです。

さて、今週は日銀の金融政策会合が本日と明日に開かれ、米国ではFOMCが1日と2日に開かれる予定です。日銀は前回会合で量から金利への政策転換を決めて、このところ欧米の長期債利回りの上昇から日米欧の金利差から円安基調が戻りほっと一息入れる状況で、今回は政策金利据え置きの波乱なき会合が予想されています。FOMCも同様に政策金利据え置きとともに、12月利上げを声明文で改めてうたうところまではほぼ織り込み波乱はなさそうです。

今週の主な景気指標は明日中国のPMI、1日にISM製造業景況指数、3日に非製造業景況指数が注目され、週末の11月4日には雇用統計発表が控えています。先週末に問題となったクリントンの不正メールをFBIが再調査したことも来週8日の投票日を前に気がかりな材料です。選挙前に調査内容が発表されると波乱要因となる可能性もあります。

今週もよろしくお願いします

コメントを残す

サブコンテンツ