最終日。

2016年も最終日。

ペースがなかなか自分の思い通りにならないストレスでヤられた一年だった。

年賀状も書けず終い。

1日の時間は万人に平等に与えられてる。やはり人には容量というものがあって、それを超えることはできないんだ。

睡眠を削ると身体がぶっ壊れる。

睡眠を取ると後回しにすることが増える。

必然的に後回しにするものを無くしてしまう行動をとってしまう。

仕事を優先にすると生活にしわ寄せがくる。

だからこそ効率なり要領なりを考えなきゃならんわけで。

そこがデキる人間とそうでない人間の差なんだろうな。

大きな流れに乗りながら自分の方向に向かうことの難しさ。

敢えて取ったこの環境。

欲張りと言ってしまえばそれまでだ。

それが鋭利な刃物となって身を突き刺す。

刺されたらその傷に絆創膏を貼りながら進みゃいい。

進んでるうちに、新しい傷が増えても古い傷は癒える。

まあそう簡単に行くわけないんだが、なかなかハードなもんだ。

でもこれも天命。

天職。

誰にも求められず、仕事もなく苦しんでるのとは逆。

こんな幸せなことはない。

自分のやりたいこと、やるべきことを少しできないくらい。

こんなの人生の中では些細なことだ。

今はこのまま突き進んでみる。

そう決めたのだから。

そして「見えたら」方向転換する。

身体と生活を壊さないように気をつけるだけだ。

来年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ