ホワイトハウスの2Fで謎の赤ランプが点滅!

赤いランプを使うのはロシアだと以下の記事は示唆しています。
昨夜、ホワイトハウスの2のダイニングルームの窓から赤ランプが点滅するのが見えたのだそうです。
赤ランプの点滅を目撃し撮影したのがフォックスニュースの関係者だということですが。。。一体、赤ランプは誰が点滅していたのでしょうか。ロシアのスパイ?それとも乱交パーティ?まさかねえ。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/05/what-on-earth-4-snipers-on-roof-mysterious-red-flashing-lights-at-the-white-house-videos-3516514.html
(概要)
5月29日付け

(Before It’s News)

 

昨夜、ホワイトハウスのダイニングルームから赤ランプが点滅しているのが目撃されました。この光景を撮影したのはフォックスニュースのアンカー、トム・ジョンソン氏です。カメラをズームアップしたところ、ホワイトハウスの2階のダイニングルームで赤ランプが激しく点滅していたのが分かりました。ジョンソン氏がこの映像をツイッターに投稿したところ視聴者から大きな反響がありました。

赤ランプならロシアと関係があるはずです。

その数時間後、ジョンソン氏は、ホワイトハウスの寝室が真っ暗になり平常に戻ったとコメントしました。

先週、ブリュッセルでトランプはNATOのトップを押しのけてグループの最前列に立ちました。またフランスのマクロン大統領とは必要以上に長い時間握手をしていました。

・・・・

今月、大統領周辺でおかしなことが頻発しています。謎のオーブ、ローマで撮影された謎の写真、そしてホワイトハウスで警報のような赤ランプの点滅。。。

コメントを残す

サブコンテンツ