二ビルが予想以上に急速に接近しています。

ネット上には二ビルを撮影した画像や映像がたくさん出回っていますが、どうやらその多くがレンズに写った光のオーブか別の惑星だった可能性があるようです。二ビルは茶色い矮星であり肉眼には見えないそうです。

以下の記事の通り、たとえ二ビルが肉眼で見えるようになるとしても、そうなる前に既に地球に大きな影響をもたらすのでしょうか。

それにしても、数年前から太陽がぎらぎらと輝くようになりました。以前よりも太陽光線は熱く感じます。冬でも。これはグローバルエリートの詐欺ビジネス=二酸化炭素を原因にした温暖化とは全く関係ありませんね。

太陽自体にも異変が起きていると言われています。二ビル?のせいで太陽系全体に異変が起きているのでしょう。

http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2017/06/planet-x-position-update-it-is-closing-fast-2892019.html
(概要)
6月16日付け

以下の2つのビデオ情報は、最近の地震のパターンを解説しています。

USGS米地質調査所のデータにより、毎年5月は地震活動が活発になるということが分かります。 また複数の研究者が地震、太陽フレア、太陽風の反転?の時期的特質を指摘した2011年と2012年に地震多発シーズンが始まりました。

 

地球とみずがめ座の配列がいつ起こるかは地震シーズンによって予測できます。最近、ペルー、グアテマラ、ギリシャで地震が起きましたが、みずがめ座の配列が終わるころに起きました。

6月初めには惑星Xの位置を特定することができたはずなのです。最近の地震はみずがめ座の配列とは関係なく起きていますが、Higher Truth Channelによれば、これらの地震が意味することは、惑星Xが予想よりも少し速めに逆行しているということです。

現在の惑星Xの進路を追跡すると、横方向から少しずれて地球の南極に向かって南方向に移動していることが分かるはずです。

6ヵ月から9ヵ月間は西の地平に向けてカーブを描きながら横方向に移動していたように見えました。

Harringtonのモデルによれば、太陽から最大移動量となる場所があり、徐々に速度を増しながら太陽系の下側に移動しならが太陽に向かって横方向に進み、その後、U字型に進路を変え海王星から遠ざかった後に向きを変えて逆行しています。。

Harringtonのモデルや最近の地震データにより、惑星Xの横移動が加速していることが分かります。また、515日に地球とみずがめ座の完全配列が起きましたが、5月の2,3週間は毎日のように地震パターンが見られました。また、配列中及び配列が終るころには非常に強い地震が起きるのです。

 

惑星Xは、垂直構造プレート上の影響がなかったため南方向に移動していましたが、同時に地球全体で地震が頻発しました。ただしHigher Truth Channelは、急増している太陽風、火球、地震、フレアとの関連性は言及しませんでした。

最近、大地震が発生していますが、その理由は、惑星Xが海王星の南側を移動し、緩やかなカーブの軌道に乗り南方向の位置に移動したことが考えられます。

 

通常、2月中旬には大地震が起きやすいのですが、今年は1月末に大地震が起きており2月は静かでした。しかし今年の5月は例年通りの地震活動でしたので異変は一時的と考えられました。しかし地球では、太陽系の内惑星の位置に関わらず、2月中旬、5月中旬、7月後半、11月中旬に地震活動が活発になっています。

食料、水の備蓄及びサバイバル・プランを作成しておいてください。

https://youtu.be/Pn7zobnvrww

ビデオは省略

http://beforeitsnews.com/space/2017/06/planet-x-may-be-slowly-killing-you-so-why-are-you-staring-at-lens-anomalies-2507924.html
(概要)
6月16日付
lanet X May Be Slowly Killing You so Why Are You Staring at Lens Anomalies

この頃、太陽がぎらぎらと照り付けるようになりました。そして強烈な紫外線に当たり潮だまりに生息していた生き物がほぼ絶滅しました。サンゴ礁にも異変が起きています。また、神経系の異常、炎症、不整脈が増えています。

太陽系には高濃度のリチウム及びヘリウム粒子が流れこんでいますが、この流れの上流の方に目をやると茶色の矮星(惑星X)が現れてきます。ただ、茶色の矮星は肉眼では見えませんので、日中に大量の紫外線を浴びながら惑星X(二ビル=茶色い矮性)を探そうとすると暑さと紫外線で失神してしまうでしょう。しかも日中の空に見える惑星Xは二ビルの姿ではないのです。二ビルを撮影しようとして、ヘリウムの宇宙線を大量に浴びるのは好ましくありません。

8年以上前から、多くの人々が太陽のそばに現れた二ビル?を撮影しネットに投稿しています。二ビル?の画像と称するものの中には太陽の4分の1ほどの大きさの惑星が写っていました。。つまり木星の10倍の大きさの惑星が太陽のそばに8年間もとどまっていたなら既に人類は消滅しているでしょう。

 

以下のビデオが説明する通り、太陽のそばに二ビル(茶色い矮星)が現れるのは、ヘリウムが流れる方向や地球に地震を発生させる惑星の位置を考慮すると、1月から3月初めであることが分かります。

地震のパターン、火球のパターン、内惑星や太陽と地球の配列を見ると、二ビルとみずがめ座は歴史的な関連性があることが分かります。

みずがめ座や茶色い矮星ついてNASAが記者会見を行いましたが、レンズの異常(オーブが見える現象)を考慮しても太陽を直接撮影することは危険ですから控えた方がよさそうです。(レンズに写ったオーブを二ビルと間違えているケースが多い。)

肉眼では見えない茶色い矮星は地球に接近しつつあり、我々が知らないうちに既に地球を破壊しています。

ビデオは省略

コメントを残す

サブコンテンツ