びっくりポン!歯ぐきに口内炎 

3日前、何気に下歯ぐきが妙なことに気がつきました。軽く押すと痛いような・・・。次の日には押さなくても痛みがありますし、よく見ると赤くなってる・・・

久しく歯の痛みから解放されていたのですが、丁度その部位は「かぶせものが少し痛んでいるので、よくブラッシングして下さい。何かあればすぐ来て下さい。」といわれているところ。

うっわー、又歯医者通いかぁ~(-_-)

そして、とうとうこれは痛いぞ。となり、見た目もはっきり赤く腫れています。
休み前なのでキツキツのところ予約を受けていただけました。
ふと前にもらった感染症の薬が残っていることを思い出しました。とりあえずそれを飲みました。夜になると少し楽になってきたので、観察すると・・・

あれっ!これって、口内炎!?
という雰囲気です。口内炎がやたらに出来る時期があり、口内炎の形状は良くわかるのです。
少しくぼんだ白い3,4ミリのポッチ。数日前にはなかったのが、今はクッキリ、ポッチになっています。

ホッペの裏、舌の横などに出来たことはありますが、歯ぐき、それも葉に近い所に出来たのは初めてです。そのつもりで、痛みをよ~く観察すると、まちがいなくこれは口内炎の痛みです。
そこで、つい最近知恵が付いた「ブラックソルト」の出番です。
ブラックソルトは還元電位が高いので、炎症を抑えるのに効果がありますし、殺菌作用もあるでしょう。理由はともかく、これ著効があります。
1日に数回、ブクブクやって様子を見ました。どんどん痛みが薄れて、白いポッチも小さくなり、周囲の赤身はすっかり消えました。

歯科クリニックの予約もキャンセルしました。お盆休みで無理して予約を受けつけてていただいたのに申し訳ないことでした。

先ほど、「歯ぐき 口内炎」で検索すると、たくさんのコンテンツがヒットしました。
けっこう、よくある症例なのですねぇ。
自分は初めてだったので、「ひょえーっ、こんなとこに口内炎とはねぇ」と、驚いたのでしたが。

歯科医のレクチャー記事で、口内炎に似た症例として「内歯瘻(フィステル、瘻孔)」「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」が紹介されています。これは葉の深いところが化膿して、できた膿が骨や歯肉の中を通り、歯肉の外に出てくる出口です。これはすぐに対処しなければならない恐ろしい病気です。(去年、歯の治療のときあれこれ読んだ本でしりました。)
こちらの記事⇒ 歯茎(歯肉)にできたデキモノは口内炎なの?口内炎とよく似た病気の見分け方

ただ、自分のはまちがいなく「アフタ性口内炎」でした。(下線部分)

「アフタ性口内炎」は、もっとも一般的な口内炎です。口内炎ができるきっかけは、免疫力の低下やストレスなどといった原因がはっきりしないものから、口の中にできた傷、ウイルス、栄養不良などがあるといわれています。口内炎は、円形や楕円形をした白っぽい潰瘍が主で、その周りは赤く盛り上がっています。1個しかできないこともあれば、同時にいくつもできることもあります。また、強い痛みが特徴で、唾液を飲み込めないほどの痛みを生じることもあります。

二日経過しましたが、今はほぼ消えました。かすかに痛みの余韻がありますが。

原因は不明ですが、最近、寝る前の歯磨きが雑になっていたのは確か・・・(>_<)
とりあえずビタミンC飲んでます。

コメントを残す

サブコンテンツ