「希望の党の複数議員が『小池百合子は大嫌い。選挙が終わり次第すぐ離党したい』

グローバリズムに突き進む自民党に代わる政党はできませんね。日本では無理でしょう。国会議員の殆どがリベラル左翼ですから。グローバリズムを批判している議員は一人もいません。本当に恐ろし状況です。
みんなグルなのです。
しかも安倍総理が10%に消費税を引き上げると言い出しましたが、消費税を減税し特別会計の闇を明らかにし、それを国民のために使うなどと言えるような議員は一人もいません。これだから日本の政治は泥沼なのです。日本こそ、沼の泥水をきれいにするために今の国会議員を全員追放する必要があります。
こんな日本では、グローバリズムにブレーキをかけ国と国民を第一に考える「まともな」国民政党など誕生するはずもありません。与党も野党もクズばかり。私利私欲で、やりたいのはカネ儲けと色恋(エロコイ)のみ。
彼等が新党を作る目的は単に選挙で自民党に勝ちたいだけ。
日本では、国の政策は外国勢力(グローバル・エリート)の命令に従い官僚に法案を作成させればよいだけですから、日本の政治はシンプルです。。。
後は国会議員としての地位と名誉とカネを手に入れれば残りの人生は安泰と思っている奴ばかり。だから必死で当選したいのです。特権のある政治家は不正選挙という手口もありますから選挙結果は安心です。
国会議員になりたいと思う時点で、その人は下劣な人種だと思います。もちろん、まともな議員も中には(ほんの数人ですが)いるのでしょうけど。。。でもそういう人は重要なポジションは与えられません。
特にここ数年間で国会議員のレベルがかなり落ちてきています。特に新人議員は酷い。
誰に票を入れても、どの党が政権を取っても、理念なき奴隷政治であることには変わりありません。
民進党が解党し、議員の多くが希望の党に合流?そして小沢一郎も希望の党へ合流?
まさに、看板を変えただけの雑貨店です。
しかも目立ちたがり屋でトップの座にいることに快感を感じる小池百合子さんの人気を利用して当選しようと企んでいる欲の塊だけの議員が多くいるようです。日本は国会議員もサラリーマンになってしまいました。しかも多くが無能な税金泥棒の窓際族。
本当にばかばかしくてやってられません。

ということで、くだらないマスコミのニュースに惑わされず日々マイペースで過ごしている私ですが、明日、久しぶりに日帰り登山に行ってきます。これからしばらくの間は日帰り中心となります。

http://jpsoku.blog.jp/archives/1067745885.html

有本香「希望の党の複数議員が『小池百合子は大嫌い。選挙が終わり次第すぐ離党したい』と言っていた」

有本香「希望の党の立ち上げ会見に出ていた複数議員は『小池百合子は大っ嫌い!選挙が終われば離党したい!』とハッキリと言ってた。そこまでの人達ですよ。呆れてものが言えない」
竹田恒泰「人間の一番汚い部分。世のため人のためではなく自分の食い扶ちやメンツを優先してる」
正に選挙目当て党

小池百合子率いる希望の党に民進党議員が合流した件についてジャーナリストの有本香が裏話を暴露した。 
本当は小池百合子のことをめちゃくちゃ嫌っている。 

有本香「希望の党の立ち上げだとか言って拳を振り上げていた人たちいるじゃないですか? 
あの中の複数の人たちが、小池さんのことが大っ嫌いだと。もうこの選挙さえ終わればすぐにでも離党したいと。 
そこまでの人たちですよ。いや~もうね、呆れ返ってものも言えないよね本当に」 

竹田恒泰「この選挙を見ていると人間の一番汚い部分がうわーっと出ている感じがしますよね。 
だから世のため人のために政治をしているのではなくて、自分の食い扶ちを繋ぎたい、メンツを繋ぎたい、そこですよね。 
つまり選挙までのことしか語らない」 

有本香「そうね!」 

竹田恒泰「そもそも政党というのは同じ価値観を持つ人がバラバラだと効率が悪いから一緒になってやるというもの。 思想も国家観も問わずに『受かりたいやつこの指止まれ』ってやったら政権を取ったはいいが国家の舵取りはどうする?って話ですよね。 もし政権交代が起きてしまったらその先、日本がどうなるか誰も分からない。 
小池さんも分からない。政権交代だけが目的なのは恐ろしいですよ…」 

つまり小池百合子も集まった民進党議員も選挙ファーストで、国民のための政策など二の次。
理念などどうでもいいからとにかく自分の利益を取りに行っている状態なのだ。 
こうした事情はお察しの部分が多い。そもそも民進党議員たちが小池百合子のことを好いているはずがないのだ。
小池百合子と民進党議員が目的のためなら手段を選ばない悪役なら首尾一貫している安倍総理はまさに正義の味方だ。
都知事選前後は人気が高かった小池百合子は築地市場の豊洲移転問題で信頼を失い、希望の党で完全に見放された。
netgeekでアンケートをとったところ、希望の党の支持率は7%と極めて低水準にある(この記事執筆時点、2,211票の結果)。

支持率5%を割った民進党からすればこれでもましなのかもしれないが、7%では何も希望がない。
国民はしっかりと真実を見抜いている。

竹田恒泰「その先のことはどうでもいいわけです」

コメントを残す

サブコンテンツ