次期FRB議長の指名待ち

おはようございます

「台風一過」で早朝の空には冬の星座の代表格「オリオン座」が瞬いていました。欧州では昨日から夏時間が冬時間に変わり、北米でも来週11月5日より変わります。今朝の強風は台風のせいではなく「木枯らし1号」との指摘もあるようです。残り少ない秋は晴天続きでありますように!

さて、欧州ではスペイン・カタルーニャの独立問題で州首相が解任されましたが、欧米はスペイン政府の行動を容認しました。欧州では複数の独立運動の火種がくすぶる状況から、なんとしても混乱の拡大を避けたいところです。独立派と反独立派の衝突も考えられ、通貨ユーロの不安定要素となっています。

今週末にはトランプ大統領が日本をはじめとしてアジアを歴訪する外遊が始まります。従って外遊前には時期FRB議長の指名は確実に発表されるものと考えられ、パウエルかテイラーか、ハト派かタカ派かの決断が下されることになります。先週末にはパウエル優勢の報にドルが軟化する場面が見られ、金価格は反発に転じる反応を示しました。

週末は11月入りで東京の3連休入りも、3日(金)には雇用統計が発表されます。

今週もよろしくお願いします!

コメントを残す

サブコンテンツ