ロシアゲート報道にリスク回避の動き

おはようございます

【金融・為替】
トランプ政権の法人減税に関して現行の35%から15%に引き下げる法案について、米下院共和党は一気に引き下げると税収の大幅減につながるため、2018年から2022年まで年3%づつ5年間引き下げる案を検討しているとほ報道され株安・ドル安・債券高・利回り低下の反応も示し、更に大統領のロシアゲートを捜査するモラー特別検査官が大統領選の選挙対策会長を起訴したことから、政権へのダメージが懸念されることも影響した模様です。

ドル円は113円15銭前後のドル安・円高に、ユーロも1.164ドルに反発し、ドル指数は94.4ポイントに下落しています。ダウ平均は2万3348ドル(-85)と3日ぶりに反落に転じ、10年債利回りは2.374%に低下しました。景気指標ではFRBの利上げの参考として重要な9月のPCEデフレーターが前月比+1.6%と2月以来7か月ぶりに上昇して12月利上げを後押しする数値となりましたが、ドルや利回りの上昇にはつながっていません。

本日と明日11月1日にFOMCが開かれますが、資産縮小開始の状況確認が主な議論と考えられ、今回の利上げは見送られる予想です。また、トランプ大統領は3日に日本へ向けて飛び立つ予定のために、ホワイトハウスは次期FRB議長の公表は11月3日になると見通しています。

【石油市況】
原油は54.15ドル(+0.25)に続伸し、ブレント相場も60.90ドル(+0.46)に続伸しています。OPECの減産延長に関してサウジの首脳に続きOPEC議長の言及もあり、11月の総会への期待から上昇を続けています。

【貴金属市況】
金はトランプ氏のロシアゲート報道からドル相場が下落に転じたことを支援材料として続伸し、1277.7ドル(+5.9)で引けました。また、近々発表される次期FRB議長の人事を巡り、ハト派のパウエル現FRB理事の選任が高いとの見方も押し上げ要因と見られています。本日の円換算は4630円前後になります。

【穀物市況】
穀物市場は引き続きハーベストプレッシャーを受けて弱気な動きで、コーンは下げ止まるも、大豆と小麦は総じて続落しています。

コメントを残す

サブコンテンツ