カナダも外国人による不動産購入を禁止するかも?

つい最近、ニュージーランドのアーダーン首相が外国人が不動産を購入するのを禁止する考えであると伝えられました。
多分、不動産爆買いを行っている中国人のせいでしょう。中国人は儲けすぎた詐欺マネーで世界中の不動産を爆買いしており世界中が中国人に対する危機感を持っています。
まさに大量の詐欺マネーをばらまく中国人(ウイルス)の世界的な猛毒パンデミックです。日本でも、特に北海道では8分の1の土地が中国人に奪われています。。。

(そういえば、日本でも梅毒が大流行していますが、梅毒大国の中国から大量の中国人が日本に来れば、日本でも梅毒感染が拡大するのは当たり前。以前からそれ懸念していました。中国では梅毒だけでなく未知の感染病も流行っているそうです。それらも近いうちに日本にやってくるでしょう。)

カナダのバンクーバーにも大量の中国人が移住していますし、投資目的もあるのでしょう、カナダ国内外の中国人が不動産の爆買いを行っているようです。
カナダも中国人移民が増えすぎたようです。どこでも嫌われる中国人。日本もそのうち中国人移民大国になるのではないでしょうか。
中国人移民4大国は、カナダ、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドです。そのうちのカナダとニュージーランドが外国人(中国人)にこれ以上不動産を売らないという動きがあります。
日本も外国人の不動産購入を制限或は禁止すべきです。
中国人は自分たちの国を汚染させた上で中国よりもはるかにきれいな国に移住します。そして今度は移住先の国を汚染します。彼等の汚染は環境汚染だけでなく社会汚染や人体汚染も含まれます。彼等はありとあらゆるものを汚染していきます。。大勢の中国人が他国に移住すればその国を中国が乗っ取ることができるからです。

http://investmentwatchblog.com/canada-get-ready-for-a-real-estate-crash-as-government-may-ban-foreign-buyers/
11月29日付け

カナダでも、外国人が不動産を購入できないようになるかもしれません。


カナダのバンクーバー市が住宅の購入を地元住民に限定することを検討しています。カナダの不動産が外国人に爆買いされているため巨大な住宅バブルが発生しています。
バンクーバーで、10年間の住宅戦略の一つとして住宅の購入を地元住人に限定する条例案を市議会に提出することになりました。しかしこの条例が可決されても(特に税の面で)中央政府や多くの地方自治体の支持を得る必要があります。

カナダの不動産価格が信じられないほど高くなっています。2017年のカナダの不動産価格の上昇率は世界最高となりました。今年、カナダでは世界最大の不動産バブルが発生しています。そのためにカナダでは様々なるゆがみが生じています。人々はもはや住宅を購入することができなくなってしまいました。現金で一括支払いができる人たち以外は不動産を購入できない状態です。このような状態を維持することは不可能です。

 
<中国人がバンクーバーの不動産を爆買い>
http://www.recordchina.co.jp/b131845-s0-c20.html

2016年3月24日、ブルームバーグによると、カナダ・ナショナル銀行のまとめた概算から、2015年に起きたバンクーバー不動産市場の活況で、住宅取引の3分の1が中国人バイヤーによるものだったことが明らかになった。環球時報(電子版)が伝えた。

金融アナリストのピーター・ラウトレッジ氏が発表した報告書によると、2015年に中国人投資家がバンクーバーの不動産に投じた額は127億カナダドル(約1兆800億円)で、販売総額385億カナダドル(約3兆2700億円)の33%を占めた。トロントでは同90億カナダドル(約7650億円)で、販売総額630億カナダドル(約5兆3500億円)の14%。

ラウトレッジ氏は高額不動産のバイヤーを対象にした英フィナンシャル・タイムズ紙の調査と全米不動産協会(NAR)の統計から試算した。

現地の不動産管理委員会の統計では、バンクーバーの2月における戸建て住宅の平均価格は前年同期比30%増の180万カナダドル(約1億5300万円)で、販売額は37%増加。バンクーバー西部で平均価格が300万カナダドル(約2億5500万円)に達するなど、一部の地域ではさらに値上がりしている。

<ニュージーランド:外国人が不動産を購入するのを禁止する>

https://www.cnn.co.jp/business/35109735.html

 ニュージーランドのアーダーン首相は10月31日、既存の不動産について外国人の購入を禁止する考えを明らかにした。ニュージーランドでは不動産価格が高騰し、多くの人々にとって購入が難しくなっているが、アーダーン首相は、外国人による不動産購入がその原因だとみているようだ。

アーダーン首相が記者団に語ったところによると、来年早々から外国人投資家の多くを不動産市場から締め出す方針だという。

ニュージーランドの不動産価格は、低金利や海外からの投資、建築規制などの影響により、ここ数年、大幅な上昇を見せている。

調査会社デモグラフィアが今年初めに明らかにした調査結果によれば、ニュージーランドの最大都市オークランドは世界で4番目に手が出にくい住宅市場だという。

中央銀行によれば、住宅価格は今年に入り約10%上昇している。自宅保有の割合も低下している。1992年には国民の約75%が自宅を所有していたが、これが約60%の割合にまで減少している。

不動産市場に対する外国からの投資について、はっきりとしたデータを入手することは難しい。しかし、当局のデータによれば、取引全体の3%程度を占めているとみられるという。海外の買い手の中では、中国で登録されている人の割合が最も多い。

新しい規則は、外国人による土地の購入や、まだ建設されていない物件については適用されない見通し。また、ニュージーランドやオーストラリアに居住している外国人については適用されないという。

<四大中国人移民大国 中国人を歓迎せず>
http://www.recordchina.co.jp/b137097-s0-c30.html

2016年8月1日、起点は記事「“中国人を歓迎せず”と宣言?!四大移民大国がそろって態度変更」を掲載した。

カナダ、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド。中国人の移民先として人気を集めてきた4カ国だが、ここ数年、移民政策の厳格化や反中感情の高まりにより、中国人にとって移民が難しくなりつつある。いったい何が起きているのだろうか?各国の事情を見ていこう。

まずカナダだが、2012年に投資移民という資格そのものを取り消した。今後は高度な人材の移民を中心に受け入れることになる。資産家よりも人材を受け入れたいという狙いだ。シンガポールでは中国人富裕層の横暴な振る舞いが非難の的だ。昨年、31歳の中国人富豪が高級スポーツ車で暴走。信号無視の末、タクシーと衝突し3人が死亡する惨事となったのが象徴だ。「中国人は出て行け」という声まで上がっている。

オーストラリアの問題は不動産価格。2015年、中国による対オーストラリア住宅投資は42億オーストラリアドル(約3250億円)に達した。激しい価格上昇にオーストラリア人は「住宅は中国人の投資のためにあるんじゃない。普通の市民が住むためにあるんだ」と怒っている。ニュージーランドでは排外主義が広がりつつあり、英国に次ぐ第二の移民元である中国人に対する差別的な言葉も少なくない。極右組織が中国人襲撃を呼びかけるチラシをまいたこともある。

このように伝統的な移民先はことごとく中国人にとっては住みづらくなっている。新たな行き先として注目されるのが欧州と韓国だ。債務危機に苦しむ欧州は富裕層の移民受け入れのハードルを下げている。韓国、とりわけ済州島は中国人の投資を歓迎する姿勢を見せており、注目を集めている。(

コメントを残す

サブコンテンツ