イスラエル:アフリカ系移民は国外追放!

以下のビデオによると、イスラエルの対テロ政策で財政がひっ迫しており、多くの人々が貧困に苦しんでいるそうです。そのため、アメリカのユダヤ人やキリスト教徒の支援により多くの人々が食料の配給を受けているそうです。
また、エルサレムの問題もありイスラエルではテロや暴動が頻発しており、イスラエルのユダヤ人と移民の人種間の争いが激しくなっているそうです。
そのせいか、イスラエル政府はアフリカ系移民(大量にいるのでしょう)を国外退去させることにしたようです。3ヵ月以内にイスラエルから去らなければ刑務所に投獄するそうです。
シオニストのイスラエル政府(特にネタニヤフ)こそがテロ首謀者であり日本にとっても嫌な存在です。
しかしイスラエルの対移民政策は日本も追従してほしいほどです。移民が増える前に受け入れを止めればよかったのですが、増えすぎた移民を国外退去させるのは仕方ないのかもしれません。移民と言っても不法移民なのかどうかはわかりませんが。。。
日本も移民が大量に流入しています。今のうちに止めないと大変なことになります。人手不足を補うために外国人労働者や研修生を増やすというやり方は将来的に国を崩壊させる結果を生みます。非常に危険なやり方であり、企業と政府の癒着と腐敗の象徴です。
日本政府は、大量移民(労働者)を受けいれる前に労働環境の改善とブラック企業の解体を行うことで国民(労働者)が働きやすい環境作りをすれば(AIも活用し)、移民を増やさなくても何とかなるものなのです。

http://beforeitsnews.com/politics/2018/01/israel-africans-migrants-told-to-leave-or-face-imprisonment-2970780.html
(概要)
1月2日付け

イスラエル政府は何千人ものアフリカ系移民に対しイスラエルから国外退去しなければ刑務所に投獄すると通知しました。アフリカ系移民は90日以内に国外退去すればイスラエル政府から最高3500ドルが支給されます。アフリカ系移民は母国へ帰国するか第三国へ行く選択肢を与えられました。しかしイスラエルを去らないなら4月から刑務所に投獄されることになります。

コメントを残す

サブコンテンツ