中国人民軍が中国全域でミサイル試験発射した映像が公開され。。。

ついに中国の軍艦や潜水艦が尖閣周辺でうろつくようになりましたが。。。

以下のビデオによると、2018年1月3日に習近平は、大規模軍事演習に参加した7千人以上の人民軍兵士の前でスピーチを行い、人民軍(陸海空、物流、警察も含む)の軍事力の強化や北朝鮮、アメリカ、台湾との戦争に備えるよう命令したそうです。
中国は世界の軍事大国として台湾を力づくで奪い取るつもりのようです。
今週火曜日に中国政府が公開したビデオは、数千人の人民軍兵士が参加した大規模軍事演習の様子を映しており、中国国内に存在する4000もの軍事基地からミサイルの試験発射を行ったことも伝えているそうです。
いつ行った軍事演習か分かりませんが、映像には雪が見えていたり、どう見ても夏のような光景だったり。。。北朝鮮と同じで混ぜこね編集ビデオを公開することで、中国は世界一の軍事大国だぞ~と世界を威嚇しているのでしょう。
中国は、アメリカを潰し、アメリカに代わって世界覇権国家になろうとしています。そのためにはまずは周辺国を侵略する必要があるのでしょう。中国が武力で破壊、侵略しようとしている国は、インド、北朝鮮、台湾、日本、アメリカが考えられますが。。。台湾が一番簡単かもしれません。要注意です。それと中国の最強の武器はやはり(中国政府の考えとして)腐るほどいる人民だと思います。彼らを隠れ工作員として海外に派遣し派遣先の国を乗っ取るのです。
中国(朝鮮に対しても)と親しくしている売国奴の国会議員もまた要注意です。

http://beforeitsnews.com/global-unrest/2018/01/worlds-largest-army-unleashed-china-fires-missiles-as-4000-bases-prepare-for-combat-2498940.html
(概要)
1月10日付け

    

世界最大の軍隊、中国人民軍が今週火曜日に公開したビデオには恐ろしい光景が映っていました。
ビデオには人民軍が中国全土でミサイル(DF-11とDF-16 短距離、中距離巡航ミサイル)の試験発射を行っている光景が映されていますが、ミサイル試験発射がいつ行われたのかは伝えていません。

習近平の命令下で、中国全土に存在する4000以上の軍事基地にて数千人の人民軍の兵士が現実的戦闘演習の一環としてミサイルの試験発射を行っていたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事:http://biz-journal.jp/2017/08/post_20008.html

2017年8月1日付け

中国人民解放軍建軍90周年 内モンゴル自治区でパレード(新華社/アフロ)

 中国人民解放軍は7月30日、内モンゴル自治区の軍事基地で、8月1日の建軍90周年を記念する大規模な実弾演習を行った。解放軍は2015年9月にも北京中心部で大規模な軍事パレードを実施しており、2年間に2回も大規模な軍事演習を行うのは極めて異例。党大会を前に、習近平国家主席(軍事委主席)が自身の軍権強化を誇示する狙いがある。

 さらに、今回の軍事演習には、このほかにも重要な意味が潜んでいる。それは北朝鮮とインドへの軍事的なけん制だ。7月下旬には北朝鮮の近海でもミサイル発射訓練があるほか、中国軍は現在、1カ月以上も中印国境付近でインド軍とにらみ合いを続けており、今回の大規模演習は中国の意向に逆らい牙をむいている両国に対して、最悪の場合、掣肘(せいちゅう)を加えるとの習氏の意思表示と受け取れよう。

 習氏は建軍記念日の4日前の7月28日、北京で、「軍最高の栄誉」として新設された「八一勲章」の授章式も主宰し、軍の最高司令官として習氏自ら受章者10人に勲章を渡した。「八一勲章」は中国軍が創設90周年の節目を迎えるに当たって、習氏の肝煎りで創設された栄誉ある勲章だ。初めての授与となる今回は17人の候補者から10人が選ばれた。また同日、中国軍では最高位の上将の任命式も行われ、習氏は韓衛国・中部戦区司令員ら5人に上将昇格の命令状を手渡した。

 習氏就任後の上将任命は今回で6回目で計28人と、上将全体の過半数を占める。5年に1度の中国共産党大会を控え、昇進や論功行賞により軍内で習氏の求心力を高める意図があるとみられる。

 そのような建軍90周年のセレモニーのなかでも、記念日2日前の30日に内モンゴル自治区で行われた大規模な実弾軍事演習は別格で、初めて公開される最新鋭戦闘機の「殲20」などの多くの最新兵器が登場した。また、軍事演習は中国中央テレビ局(CCTV)が実況生中継した。

 実弾軍事演習はライブで放送されるのは極めて異例だが、これは予期せぬ事故が起こることも考えられるからだ。このような危険を冒してまで、あえてCCTVがライブ中継するのは、習近平指導部による国威発揚のほか、圧倒的な軍事力を見せつけることで、北朝鮮とインドを強くけん制する狙いがある。

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/08/post_20008.html

コメントを残す

サブコンテンツ