来週(2月12日~)、アメリカで重大な出来事が起きる?

2月12日からアメリカで何か重大なことが起きることをQが示唆しているそうです。平昌五輪開催中ですから、マスコミは五輪中継に忙しく、重大なことが起きてもニュースにはならないでしょうけど。
Qという存在がアメリカのネット上で次々に暗号メッセージを流し続けています。謎の存在です。これも心理作戦の一つなのでしょうか。彼等はQというキャラを使ってアメリカの人々をある方向に誘導しているのでしょうか。
よくわかりませんが、明日からが気になります。

http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2018/02/q-big-week-ahead-2586574.html
(一部)
2月10日付け


2月9日に投稿されたQanonの暗号メッセージ:
来週、重大なことが起きる。
自殺の週末だ(これが政治的自滅なのか誰かが自殺するのかは今のところ不明)。

Qが伝えた自殺の週末に関してアノニマスのボードには「自殺の週末とは、トランプの素晴らしい一般教書演説に対するデービッド・ロスチャイルドの返報のような気がする。」との書き込みがありました。
Qは、自殺の週末の後に「アハハ」を付け足していました。
ロスチャイルド一族は人類にとっての最大の脅威のうちに含まれると言ってもよいでしょう。ロスチャイルド一族は支配構造のピラミッドの頂点にいます。彼等は金融市場と大手銀行を支配しています。
FRBは中央銀行の一つです。中央銀行の存在は憲法違反です。FRBを創設した人々は彼等の中央銀行が政府と繋がりがあるかのように見せるためにフェデラルという名を付けたのです。

しかしFRBは政府とは一切関係ありません。FRBを経営している人々は主にヨーロッパ人であり、経営陣にアメリカ人はいません。それでも彼等はアメリカ経済を支配しているのですからふざけています。

何世紀も前にロスチャイルド一族は、一国の金融を支配する者こそがその国を支配できるということを学びました。誰がその国の法律を作ろうとも、ロスチャイルド一族にとってはどうでもよいのです。なぜなら、その国の経済を事実上支配している金貸しは法律の適用外になるからです。
彼等がお金を使って最初に支配したのはイングランドでした。そして徐々に彼等の中央銀行を各大国に設置しそれらの国々の政府にお金を貸すようになりました。

一国の政府がロスチャイルドから融資を受けた途端にその国はロスチャイルド一族の奴隷国家となります。
デービッド・ロスチャイルドはロスチャイルド一族の一人でしかありません。ロスチャイルド一族の家長はイギリスの銀行家、実業家のエヴェリン・ロスチャイルドです。

そして彼の下にはジェイコブ・ロスチャイルドとサウジアラビアのサルマン皇太子(ムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード、サウジアラビアの政治家、皇太子、第一副首相兼国防大臣兼経済開発評議会議長)がいます。 ジョージ・ソロス、ヘンリー・キッシンジャーもこの中に含まれます。 さらにあまり知られていない人たちも多くこの中にいます。彼等の多くが表に出ずに活動しています。これらの人々は世界の富の殆どを支配し、戦争や内紛を勃発させ、民族、宗教、文化、政治思想で人々を分断しています。

Qが指摘していた通り、彼等は我々を分断し、我々のエネルギーと注意を彼等に向けさせないようにしています。
2月9日のQのメッセージは、明らかに非常に重大なことが起きることを示唆しています。Qは、アハハと来週、来週、来週、自殺の週末?と書いています。明らかに来週はQにとって非常に重要な週となるようです。

Qが伝えている通り、週末に自殺(自滅)事件が起きるのでしょうか。 
これまでの情報により、大統領選で勝利するためにトランプがロシアと結託していたとするスキャンダルをでっち上げたのがヒラリーとオバマ(トランプを倒す目的で)だと言うことが分かってきました。

Qは、トップ10位のプレイヤーと書いていました。その意味についてアノニマスのボードには、世界の最高位にいる人々のうちの一部があまりにも酷い混乱を起こしたため拘留されたのではないかと書かれてありました。
その後、Qは、飛行機が滑走路をゆっくり進んでいくような状況を伝えました。これは、飛行機が起始点から離陸するという状況を伝えたのかもしれませんが、計画が実行されるという意味があるのかもしれません。


Qが記したIPアドレスは、クラウドサービスを提供するSoftlayer Technologies社と関連があります。
アノニマスはこのような方法で運営されていますが、ヒラリーはこの会社のサービスで違法な個人サーバーに保存されていた情報をバックアップした可能性があります。

BleachBit を使って彼女のサーバーに保存されていた証拠を削除したとの噂が流れています。
しかしクラウド・ストーレージシステムにバックアップした情報は絶対に削除できないようになっています。そのため、Qは、Softlayer Technologies社のクラウド・ストレージシステムにバックアップされている情報を全て入手したと言っているのかもしれません。

そうだとしたなら、注目を浴びるエリートらは、逮捕、起訴、懲役、処刑されるくらいなら自殺を選ぶと考えているのかもしれません。
つまり、来週は危機が頂点に達し、非常に重大なことが起きることを伝えている可能性があります。

コメントを残す

サブコンテンツ